うちの子流な学習記録

H17年生まれのアスペルガー&ADHD娘と、H19年生まれの広汎性発達障害息子の毎日の学習記録

スポンサードリンク

チャレンジ4年生実力診断テスト提出。

冬休み最終日になりました。

現在、小学3年生の娘は3歳の頃からチャレンジをずっとやっています。

幼稚園の年中から年長に上がるときに、

チャレンジの年長1年間のプログラムを見るとひらがなカタカナなど

文字を覚えて書くことが多く、すでにその辺はクリアしていたため

ベネッセさんに電話して可能だと言うことでしたので

一年すっとばしてチャレンジ小学講座に切り替えました。

そこからずっと一学年上のチャレンジをやっています。

チャレンジは基礎だけですが、テキストが丁寧なので

まだ学校で習っていなくても自力で出来るのがいいですね。

時々わからない問題を教える程度です。

 

2学期は宿題がなかなか終わらずチャレンジは遅れ気味。

冬休みに入ってからも宿題がががががが・・・。

単純な繰り返し作業が苦手な娘は計算や漢字の宿題が激しく苦痛。

何時間も付きっきりで親子共々大変でした><

で、今日はチャレンジ4年生実力診断テスト提出期限最終日。

テスト自体は数日前に終わらせていたのでネットで提出。

提出ボタンを押した瞬間に結果が出ます。

国語、算数、理科、社会、各100点の400点満点。

国語95点、算数95点、理科90点、社会90点の370点。

相変わらず全教科まんべんなくうっかりミスが点在しています。

なぜかチャレンジの実力診断テストで100点を見たことがない。。

国語、一問目の漢字の筆順でミス

「書き順おぼえてないも~ん」

算数、掛け算割り算の計算済みの筆算が並んでいて

計算が合っているものを探す問題。

「計算するのがメンドクサカッタ」

社会、東西が逆になってた。

「あー、うっかり間違えた」

その他理科も問題文を読み間違えなど・・・。

なんだかなー、もったいない失点ばかりです。

それでももう何年も継続してやっていることはエライ。

宿題が大変ならチャレンジやめようよと何度も言いましたが

本人は頑なに続けたいと言い続けてきました。

毎月、好奇心をそそるふろくや小冊子が楽しみなのです。

 

もう少しうっかりミスが減るといいのになと思いつつ

問題文をしっかり読む、見直しをすると声掛けするくらいで

他に対策もありません・・。

娘は特性上、思い込みが激しく一度わかった!と思うとそこから抜け出せません。

以前ツイッターでフォロワーさんに教えていただいたコレ、気になります。

 問題文に線を引いたり丸を付けたり

きちんと最後まで問題を読む習慣がつくといいなーと思っています。

 

さて、明日から3学期。

宿題もチャレンジもささっと終わらせてもらいましょうか。

本人の希望で新しい論理エンジンも買いました。

 1月12日の日能研のオープンテストも申し込みしました。

前回の日能研は5144人中2343位と散々な結果でした。

その前から10倍ほどの順位に落ちるとは><

最近、特に集中力に欠けるので今回はどうなることやら。

(元々注意欠陥障害なんで集中力は飛び散ってますが~)

 

今は宿題の残りの読書をやっているところ。

わーわー言いながらなんとか冬休みの宿題も無事持って行けそうです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク