うちの子流な学習記録

H17年生まれのアスペルガー&ADHD娘と、H19年生まれの広汎性発達障害息子の毎日の学習記録

スポンサードリンク

四谷大塚全国統一小学生テストの自己採点。

今日は小1の息子と小3の娘が

四谷大塚の全国統一小学生テストを受けてきました。

すぐに問題用紙にテストで提出した答えを書き込み

採点してみました。

娘が1年、2年の時は時間が足りなかったと言っていたので

とにかくスピードを上げて早く解ける問題から解いていくように

わからなくても空欄を作らないようにと言っておきました。

終わって出てきた息子は少し時間が余って全部出来た、

国語でいくつか迷った問題はあったけども

わりと簡単だったと言ってきました。

まぁ、1年生の問題ですしね。

娘の方はおもいっきり時間が余った、見直しもやったと言って

出てきました。6月の全国統一小学生テストは能開センターと

同日だったため、受けていませんが、

時間が足りなかった昨年よりは大進歩。

 

さて、自己採点の結果、

娘、国語は150点満点中116点、算数は150点満点中104点・・・。

時間に余裕があったわりには昨年より点数低いぞ><

あいかわらずうっかりミスも目立ちます。

特に国語の長文読解の間違いが多い。

算数は問題文をちゃんと読んでいない、計算ミスが目立ちました。

ということで300点満点中220点という結果に。

 

息子、算数は150点満点中150点。満点取れました。

国語は150点満点中142点。ミス2問だけ。

300点満点中、292点とかなり点が取れたようです。

そんな息子は今後ろで折り紙のツルが折れないと

キーキー癇癪を起しています・・。

不器用なんですよね^^;

娘は日能研と能開の算数はまあまあよい点が取れたのですが

四谷大塚では残念な結果。問題をみると応用が弱いことと、

うっかりが目立ちました。

国語は安定して読解に間違いが目立ちます。

算数の応用と国語の読解、語彙、これに力を入れるのが

これからの課題だなぁと思いました。

息子は国語の語彙と読解ですね。

 

日能研、能開、四谷大塚と続けてテストを受けました。

能開と四谷大塚の結果はまだこれからですが

これらを通して子供達の弱点も見えてきましたし

これからの勉強計画に役立てたいなと思います。

週末は息子の数学検定と、月末には娘の日能研テストが残っていますが

二日連続で頑張ったのでお昼は子供達の大好きな

お寿司をいただきました。

 

テストの振り返りだけでこの2日間は家庭学習なしです。

午後はのんびりとそれぞれ好きなことをして過ごしました。

娘は工作に没頭し天秤を作って遊んでいました。

出来上がったものを自由研究として

自主勉強ノートにレポートを書いています。

息子は図形のゲームにはまっていました。

今はまだ折り紙と格闘中です(苦笑)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク